logo_S.gif
  about us   material   catalog   blog   mail  
line_wwiblog.gif
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
tomato




真っ赤なトマトが、市場にでまわるようになりました。
バリのトマトは日本より小ぶりです。
今朝は、よく熟して美味しそうなトマトが1kg ¥60くらいでした。

いいお買い物でした。

 
Balinese home cooking




鶏を一羽さばき、お肉の部分は捧げものへ。

そしてレバー、腸、血などとスパイス、そして絞りたての
ココナッツミルクを火にかけ、赤玉ねぎ、にんにくなどの
サンバル、細かく切ったこぶみかんの葉を入れてつくるスープ。

ココナッツミルクを使っているので、お昼過ぎくらいまでが
賞味期限。
鶏の血まで使うバリならではの家庭料理。
 
boni




ボニと呼ばれる小さな粒つぶ。
ほんのり甘くてすっぱくて、渋みもあり野性味のある味。

普段バリ人は、このまま食べるのではなく、ルジャックというフルーツに
椰子砂糖、唐辛子、トラシという小エビを
発酵させてつくる調味料とあえて、
辛くて甘いフルーツサ
ラダのようなものにして食べます。

若いマンゴーやパパイヤ、パイナップルなども、こうやって食べます。

今では私も大好きですが、フルーツに唐辛子 ⁈ と、この独特な味に
はじめはビックリでした。
Merry Christmas !




ここ南国にいると、今が師走ということをうっかり忘れてしまう今日この頃。

さて今朝はバリに来ている料理研究家の細川亜衣ちゃんと一緒に市場へ。
ウブドの市場は8時ごろになると、観光客用のお店が多くなるので
バリ人の暮らしを感じられるのは、やはり早朝。
7時に集合して市場をパトロールしました。
市場独特の匂いも気にせず、黙々と気になるものを探す姿は、さすが!でした。
 
Surely/Someday + Kitchenのお菓子


ずっ〜〜と食べてみたかったお菓子。

ワランワヤンのお客さまでもあるジャカルタに住むSunさんの焼き菓子。
ジャカルタ帰りの友達から頂きました。

子供たち取り合い!!
うん!美味しい❤︎

素敵なHPはこちらです。

お菓子と一緒でシンプルで、そして温かい気持ちになります。
日本語でも書いてありますので、よかったらのぞいて見て下さい。


Wax Apple : Jambu Air


 

南国のフルーツ=ジャンブーを親戚からたくさんもらいました。

インドネシア名にAIRというだけあって、とにかく水分がいっぱいの果物です。

英語名はWAX APPLEというのも納得。
見た目は、まさに蝋細工のようです。

味は甘みのない、りんごと梨をまぜたような感じで、歯ごたえシャキシャキ!
食べた後口がさっぱりします。
うちでは、子供たちに人気です。
ちなみにうちの旦那は、これに塩+唐辛子+トラシという、エビを発酵させて
作った、ものすごい匂いのする調味料を混ぜたものにつけながら食べています。