logo_S.gif
  about us   material   catalog   blog   mail  
line_wwiblog.gif
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Barong Bridge cafe


窓枠でうめつくされているインテリアが面白い、ウブド街中から
少しいった橋の近くのカフェ。
美味しいコーヒーとタルトを食べに。

JL.Raya Nyuh kuning
(0361) 978244
 
PETANI RESTAURANT / 農夫のレストラン


 いつも前を通りかかり気になっていながら、一度も入ったことのなかったレストラン『PETANI』。

PETANIとはインドネシア語で農夫の意味。


 

インテリアには、農夫の笠をライトに使ったり、お供えものを入れる

ソカシを飾ってあったり、お料理の飾りにもインドネシアテイストを

うまくミックスしながら洗練されていました。




大通りに面していながら、一歩中に入ると広がった空間が、ほどよく

落ち着き心地よかったです。


PETANI RESTAURANT / プタニレストラン
address: ALAYA RESORT, Jl. Hanoman, Ubud
tel : 0631-972-200
  

 

イブ オカ (BU OKA)


バリ料理の1つにバビグリン=豚の丸焼があります。

ウブドでも有名なお店がイブオカ(BU OKA)。

昔はウブド王宮の近くに1店舗だけで、その当時からいつ行っても満席で
かなり人気があったのですが、あれよ、あれよと言う間に今となっては3店舗。

先日、日本から来た友人と『ウブドに来たら是非食べなくては!』ということで
ウブド郊外にある2号店へはじめて行ってきました。
こちらは1号店と違い2階建でかなりの席数があり、子連れの方でも
ゆっくりできます。

お腹がすいていたのもあり、はじめこそ獣の匂いがする・・・・と言って
いたもののあっという間に完食。
ウブドに来たら是非お試しください。



BU OKA
Jl.Suweta Ubud
ウブド王宮の近く 。豚の絵の看板が目印

イブ・オカ 2号店 (ウブド)
Ibu Oka 2
Jl. Raya Teges / Peliatan Ubud
ルダナ美術館から南へ300m。



シドゥメンの素敵なタイル工房 : Sadus tiles



バリで唯一ハンドメイドでセメントタイルを作る工房が
ウブドから車で1時間半くらいのシドゥメンという所にあります。

初めて訪れる方は、こんなところに本当にあるのだろうか・・と不安に
なるような、自然豊かな山道をずんずん行きます。
ちか頃、自然をより求める欧米の旅行者がシドゥメンに来る・・というのも
この自然を見たらうなずけるほど、ここには、まだバリの昔からの風景、
暮らしが残っているような気がします。

さてお目当てのこの工房へ来たのは2度目。
やはりここのタイルはいつ見ても素敵です。

すでに3ケ月先の予約でいっぱいだそうで、大きな音のなる工房では
休むことなく職人さんの手がリズミカルに動いていました。



人の手によって1つずつ作られたタイルは、既製品とは違う味わいがあり
こちらの工房の色々な柄が可愛いこともさることながら、淡い色合いも
この工房が人気なのだと思いました。

テンションが高い私とは正反対の旦那だったのですが、我が家にも
どこかに使いたいなぁ・・とただいま一人妄想中です。





SENIMAN coffee studio in ubud


ウブドには色々なカフェがありますが、たまに一人でも
お茶しに行くのがここSENIMAN カフェ。

ここのコーヒーはとっても美味。
ゆらゆら椅子のカウンターに座ると、スタッフが目の前で
丁寧に入れてくれます。



一度見たら忘れないこんな看板が目印です。



飲み物には、お水とバリのお菓子がセットになって、専用のトレイにのって
運ばれてきます。
水を入れているガラスの蓋は、きっと瓶の底を切ったもの。

別の日にアイスカフェラテを頼んだ時は、ジャムなどのガラスの空き瓶が
入れ物になっていました。

お店のインテリアといい、細部にまでこだわったオーナーの個性的な
センスも面白く、さすがお店の名前が『SENIMAN=アーティスト』
なのも納得。

自然に囲まれたウブドならではのカフェでお茶もいいですが、場所も
市場から近いのでコーヒー好きな方にはお勧めです。

場所:JL. RayaUbudからJL.Sriwedari に入って5分ほどの左側。
   



ウブドのナシチャンプル : Warung Punk's Wareg




最近ウブドに新しくできたワルン。
メイン道りではないので、知る人ぞ知るという感じでしょうか。
ここのインドネシア料理の定番のナシチャンプルが気にいっています。

ナシチャンプルとは、白いご飯におかずが数種類のったもので、
お店によって、おかずに特色があるので食べ比べができて楽しいです。



ここのは、とにかくご飯に比べておかずの量がいっぱい。
かなり食べ応えがあります。

待つ時間も短いので、腹ペコにはサクサクぱっぱと
食べれるのも嬉しいです。
しかもこのランチ、全部で130円位なんですよ〜。



ちょうど私がいた時は、たくさんのお持ち帰りを一人のスタッフの方が
せっせと作っていました。
紙を△にして、手慣れた手つきでどんどんこなす姿は必殺仕事人でした。
Hari ulang tahun di bridges


誕生日がさそり座になると、私のまわりでは誕生日の人で大賑わいになる。

そんな訳で、先日誕生日を迎えた私と3日違いのMちゃんを
ウブドの友人たちがランチにご招待して頂きました。

みなさんありがとうございました★





場所はウブドのチャンプアン川の橋のふもとにある『bridges』

入口から階段を下りて行くと、きちんとテーブルセッティングされた
優雅な空間が広がっていました。

昔からあったようなのですが、私の中ではチャンプアンと言えば
『ムルニーズワルン』しか記憶になく、今回初めて行きました。
2010年にリニューアルされたとこかで、内装も綺麗で自然と調和した
気持ちのいい空間でした。




普段、どうしても魚料理を食べる機会が少ないのもあり、こういうところに
来ると、ついつい魚料理を選んでしまう私。
今回もこちらの料理を注文しました。
かなり食べ応えがあり美味しかったです。この日は夕飯までお腹いっぱいでした。

20代の頃に読んだ本の中に、40歳を過ぎたものは自分の顔に責任を持て・・
と書いてあり、40代なんてまだまだ先だなぁと思っていましたが、気がつけばもう40歳。
はじまったばかりの40代、仕事も子育ても楽しんでいこう!

Liburan ke Bali Safari & Marine Park


先日に続き、子供連れバリのお勧めの場所にバリサファリ&マリンパークが
あります。

ここはウブドから車で30分もあれば行ける場所で、サファリーパークとプール、
そして小さな遊園地が併設されています。
子供だったら1日いても飽きない魅惑的な場所。

今回は子供たちが風邪気味だったので、サファリパークだけに行きましたが
それでも十分に楽しめます。

双子たちは初めての動物園デビュー!
どんな反応をするのか、楽しみだった私。
りん&れん二人とも、いつも絵本の中にいる動物が動き、さらに自分のすぐそばに
来てくれることにかなり興奮。
動物を見ては、喜びの雄叫びといってもいいぐらい、すごい声をはりあげていました。
雄叫びもうちの場合×2倍。穴があったら入りたい・・・そんな心境でした。(苦笑)

小学校の姪も動物園に行ったことはあっても、サファリパークは初めだったので
夢中になって見ていました。

ここは動物を見るだけでなく、実際に触れられるのも魅力の1つ。
写真は、ラクダに乗って小さな庭を散歩をするもの。
あっという間に終わってしまうのですが、それでも子供は大満足。
夏休みのいい思い出になったかなぁ。




Liburan ke Lembogan : レンボガンでの休日


今年の夏休みは、姉と姪がバリへ遊びに来たので、何人かの知人から
いいと聞き、気になっていたレンボガン島へ小旅行へ行きました。

ウブドからサヌールまで車で約30分、そこからスピードボードで30分。
この移動は2歳の双子がいる我が家でも、手軽な印象を受けました。

ボードの中では、子供はおおはしゃぎ。
私は、時々ジェットコースターのようなダイナミックな走りに絶叫〜〜〜。
ジェットコースターが大好きで、心地よく楽しんでいる娘に、『静かにして!』と
注意された私。(苦笑)




泊ったホテルは、山の斜面を利用して建てられているので、眺めがとてもよく
遠くにぼんやりとバリ島が見え、普段暮らしているバリ島を、こんな風に眺める
なんて・・・と、不思議な気分になりました。
ただ部屋への行き来は階段の上り下り。足腰は鍛えられました。

ちょうどホテルから7〜8分のところに小さなビーチがあって、波も穏やかで、
ハイシーズンなのに人もあまりいなくて、子供たちはのびのびと遊び、大人も
ゆっくりできました。

出かける前は渋々だったワヤンも、『また来よう!』と言うほど気に入ったみたい。
勿論、私もまた行きたい!と思いました。

今まで、バリ島から行ける身近な島は、ロンボック島などが有名ですが、もっと手軽に
素朴な島でのんびりしたい方にはお勧めです。