logo_S.gif
  about us   material   catalog   blog   mail  
line_wwiblog.gif
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Pray




近所のお寺が、20年に一度の儀式があるようで、近隣の村人達は、
ここ1ケ月ほどとにかく準備に忙しい。

今朝義母が用意した初めてみるお供え物は、お花を飾り立て、
なんとも可愛ら
しくて美しい。
 
new moon




新月&満月は、主婦は特別なお供え物をつくり、子供達は正装して学校へ行きます。

月のリズムが小さい頃から、自然に身につくバリ人の暮らし。
 
boni




ボニと呼ばれる小さな粒つぶ。
ほんのり甘くてすっぱくて、渋みもあり野性味のある味。

普段バリ人は、このまま食べるのではなく、ルジャックというフルーツに
椰子砂糖、唐辛子、トラシという小エビを
発酵させてつくる調味料とあえて、
辛くて甘いフルーツサ
ラダのようなものにして食べます。

若いマンゴーやパパイヤ、パイナップルなども、こうやって食べます。

今では私も大好きですが、フルーツに唐辛子 ⁈ と、この独特な味に
はじめはビックリでした。
Zaru (ayam)




今年は本当に暑く、こちらに住んで初めて冷房が欲しいと思いました。
 
定番のこのカゴは、こちらで闘鶏用の鶏を入れておくカゴからヒントをえて、
日本の暮らしに合うように、サイズを変えたもの。
folk 同様、名前もアヤム。🐓
bamboo basket - ami ami





届いた竹かごに、革の取っ手をチクチク。

なかなか力のいる作業なので、手先の器用な男子スタッフにお願いしています。

みなさんよい週末を!
Barong Bridge cafe


窓枠でうめつくされているインテリアが面白い、ウブド街中から
少しいった橋の近くのカフェ。
美味しいコーヒーとタルトを食べに。

JL.Raya Nyuh kuning
(0361) 978244
 
basic offering canang sari


朝から来週早々にあるセレモニーの準備を義母と。


庭の摘みたての花も神様へ。

はっとする美しさ。




バリ人の女性は、日々のお供えもの以外にも、たくさんの宗教行事に追われ、
休む暇もなく本当にすごいなぁと感心してしまいます。



 
bamboo basket - zaru ayam




今日も暑い。

検品する背中に太陽ジリジリ。

明後日は、バリのお正月ニュピ。

島全体で新しい年を迎える準備をはじめています。
 
March



今日から3月。

暦の上では春ですね。
 
手紡ぎ




やさしい光の工房。

手紡ぎ、もう随分してないなぁ。

手先が器用ではないので、同じ太さの糸を紡ぎだすことはなく、
なんとも個性的な糸になってしまうのですが、ただただ指先に
集中して紡ぐ時間は好きでした。