logo_S.gif
  about us   material   catalog   blog   mail  
line_wwiblog.gif
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅の覚え書き チェンマイ



モン族市場の近くのカフェ、タメルコーヒー。

ここにあるの ⁈ と思うような、所狭しとエスニック雑貨が並んだお店を
ずんずん奥へ進んだ二階。

たくさんのものを見て、興奮した市場巡りの後には、ちょうど一息できる場所。

ban rom sai バーンロムサイ




ワランワヤンを始める前に、私とモロッコの相棒が働いていたのは、工芸品とギャラリー
のあるSavoir Vivreというお店でした。

そのオーナーと親しく、よくお店に来ていたのが、バーンロムサイを始める前の名取さんでした。
気取らない性格で、名取さんの話はいつもユーモアに溢れていて、こういう大人の女性って
素敵だなぁと20代の私達は、密かに思っていました。

その後、私はバリに住み近いながらも、なかなかチェンマイに行く機会がなかったのですが、
いつか行きたい!という想いだけはずっと。
今回バーンロムサイ&ホシハナヴィレッジに、ようやっと来れました。
旅の途中にゆっくりしたい方には、おすすめです。

バーンロムサイは、タイ・チェンマイにあるエイズ孤児たちの生活施設です。
ご興味のある方は、こちらのHPをご覧ください。

http://www.banromsai.jp/


 

チェンマイ・モン族市場




憧れのモン族市場。
さぁ宝物探しへ!
 
Galungan ガルンガン


今週は、いよいよバリヒンドゥー教の祭日『ガルンガン』
ウブドのお店は『ガルンガン』『クニンガン』の為、下記日程で営業時間を変更致します。

・2月10日(水):休業(ガルンガン)

・2月11日(木):休業 (マニスガルンガン)

・2月20日(土):休業(クニンガン)

バリにお越しのお客様には、ご迷惑をお掛けいたしますがどうぞ宜しくお願い致します。

この時期は学校がお休みになるので、私は娘とタイ・チェンマイに来ています。

ずっと見たかった山岳民族の手仕事に、心が鷲掴みにされています。
写真はヤオ族のおばあちゃん。山岳民族の方は、みんなお洒落!
こういう手仕事がずっと残って欲しいなぁ。

 
Canang チャナン お供えもの




小さい頃から神様へのお供え物を作っている、姪っ子の手はせっせと手際よく動く。
迷うことなく動く手は、見ていて気持ちがいい。

今年もこの南の島の小さな村から、色々な手仕事をお届けしたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
大晦日




数年ぶりにバリでの年末年始。
バリの暦で生きているバリ人にとっては、大晦日といえども、
今日も普段と変わらない1日。

それもまたいいのかなぁ、と。

みなさま、よい年末年始をお迎えください。
Merry Christmas !




ここ南国にいると、今が師走ということをうっかり忘れてしまう今日この頃。

さて今朝はバリに来ている料理研究家の細川亜衣ちゃんと一緒に市場へ。
ウブドの市場は8時ごろになると、観光客用のお店が多くなるので
バリ人の暮らしを感じられるのは、やはり早朝。
7時に集合して市場をパトロールしました。
市場独特の匂いも気にせず、黙々と気になるものを探す姿は、さすが!でした。
 
Indian Restaurant : Siti's Warung




何度も前を通りながら、一度も入ったことのなかったインド料理屋さんへ。
小さな店内には、壁にインドのポスターが飾られ、ラフな模様が手書きで描かれた机、
天井からはサリーを着た人形がぶら下がり、この感じは思いつかないなぁと。笑
でも全体にインテリアが可愛らしくまとまっていました。

ナンは焦げ気味でしたが、ワンプレートで満腹になりました。
 

Siti's Warung
JL Sukma No 36 Tebasaya, Peliatan, Ubud

続きを読む >>
New Zaru (biasa) Asa




定番のザル(Biasa) に浅いタイプが仲間入りしました。
野菜やパンを入れたり、机の上のものをまとめたり。
 
Beautiful Balinese lady




ウブドからの帰り道。
神様へのお供えものを頭に載せ、姿勢よく颯爽と歩くバリの女性は、
いつ見てもかっこよく美しい。